コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素線 そせんwire

翻訳|wire

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素線
そせん
wire

ワイヤロープの構成要素でおもに炭素含有量の高い硬鋼線材を熱処理し,引抜き冷間加工を行なった引張り強さの大きい鋼線を用いる。組成は炭素 0.55~0.65%の炭素鋼。メッキをする場合もある。ロープの使用目的により,特に高度の品質を必要とするときはピアノ線材を用いる。素線をより合せたものがワイヤロープであるが,その中心にあるまっすぐな素線を芯線,芯線以外のスパイラル状によられる素線を側線という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

素線の関連キーワードラッセル(Henry Norris Russel)エジソン(アメリカの発明家)ゴールデン・ゲート橋ロックドコイルロープ放射線生物学平子綱ロープふるい(篩)抵抗温度計硬銅撚り線コイルばね熱電温度計オズマ計画ラングより光の科学史代数幾何学ストランド線形代数白色矮星PC鋼線普通より

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素線の関連情報