コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷間加工 レイカンカコウ

百科事典マイペディアの解説

冷間加工【れいかんかこう】

絞り,引抜,圧延など金属塑性加工を再結晶温度より低い温度で行うこと。常温加工とも。熱間加工に対。寸法精度の高い加工に向くが,加工硬化が生じる。
→関連項目熱間加工

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冷間加工
れいかんかこう

金属の塑性加工」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

冷間加工
れいかんかこう

室温(学術上は再結晶温度以下)で行う金属塑性加工のこと。高温で行う加工を熱間加工というのに対していう。金属材料は室温ではきわめてわずかしか表面が酸化しないから、塑性加工によって、寸法精度も高く、表面の美しい製品に仕上げることができる。線、管、板を素材とする塑性加工のように、素材の一寸法が非常に小さくしかも高精度が要求される場合には、熱間加工は不適当で、冷間加工が行われる。また、金属材料は室温で塑性変形させると、変形量に応じて硬さが増す加工硬化という現象を示す。したがって冷間加工によって製品の強度を素材のそれよりも高くすることができる。しかし反面、冷間加工用工具にはしばしば非常な高強度が要求される。また、室温では高温の場合に比べて材料の延性が乏しいので、加工度を熱間加工のように大きくとることはできない。材料の延性を増大するためには焼きなましとよばれる熱処理が行われる。[高橋裕男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

冷間加工の関連キーワードグスタフ・ハインリッヒ・J.A. タンマンショットピーニングマグネシウム合金オーステナイト高マンガン鋼ステンレス鋼マンガン鋼アルミ青銅押出し加工ひずみ時効軽量形鋼比例限度引抜加工時期割れ自然時効タンマン鉄骨構造転造加工リン青銅ばね鋼

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冷間加工の関連情報