素野 福次郎(読み)ソノ フクジロウ

20世紀日本人名事典「素野 福次郎」の解説

素野 福次郎
ソノ フクジロウ

昭和・平成期の実業家 元・TDK社長。



生年
大正1(1912)年8月27日

没年
平成16(2004)年4月12日

出生地
兵庫県神戸市筒井町

学歴〔年〕
育英商〔昭和5年〕,神戸高等工業中退

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章〔昭和39年〕,藍綬褒章〔昭和55年〕,毎日経済人賞〔昭和57年〕,「財界」経営者賞(昭和57年度),勲二等瑞宝章〔昭和61年〕

経歴
昭和7年鐘紡に入社するが5年で退社、12年東京電気化学工業(現・TDK)に移る。以来営業の第一線を歩き、“凄”の評判をとる。22年常務、37年専務を経て、44年社長。58年会長。62年取締役相談役、平成2年相談役となる。社長時代には工場の海外進出や磁気テープ部門の積極拡大を進め、同社を世界最大の磁気テープメーカーに育て上げた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android