コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫とうがらし

デジタル大辞泉プラスの解説

紫とうがらし

奈良県奈良市天理市で生産されるトウガラシ表皮はつややかな紫色で、熱を加えると薄黄緑色になる。長さ約5cm。辛みはほとんどない。奈良県により「大和野菜」に選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

紫とうがらし[香辛料]
むらさきとうがらし

近畿地方、奈良県の地域ブランド
主に奈良市で自家菜園により生産されている。熱を加えると薄い黄緑色に変わる。佃煮に加工されることが多い。大和野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

紫とうがらしの関連キーワード奈良県奈良市近畿地方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android