辛み(読み)カラミ

デジタル大辞泉「辛み」の解説

から‐み【辛み/辛味】

辛い味。辛さの程度。舌を刺激する辛さにも、塩辛さにもいう。「大根おろしの―が足りない」
カラシ・ワサビ・ショウガ・サンショウ・トウガラシなど、辛い味のあるもの。薬味(やくみ)とする。
[補説]「味」は当て字

つら‐み【辛み】

つらいこと。つらい気持ち。→恨(うら)み辛み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「辛み」の解説

つら‐み【辛み】

(形容詞「つらい」の語幹に接尾語「み」の付いたもの。「うらみつらみ」の形で用いる) 相手の仕打ちをつらいと思う気持。→うらみつらみ
浮世草子・新色五巻書(1698)二「うら身つら身も帰らぬ事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android