コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲出遺跡 しうでいせき

世界大百科事典 第2版の解説

しうでいせき【紫雲出遺跡】

香川県三豊郡詫間町大浜の紫雲出山(しうでやま∥しうんでやま)(352m)の山頂にある,弥生時代中期後半の高地性集落遺跡。三崎半島中央部の最高点に位置し,備讃瀬戸から燧(ひうち)灘を一望できる要衝を占める。1947年に発見,55‐57年に発掘され,山頂に広く分布する包含層の一部に小貝塚のあることや,住居跡とおもえる列石遺構を確認した。多量の土器とともに石鏃,石鎗,石錐石庖丁など豊富な打製石器のほか磨製石斧,凹石(くぼみいし),石錐が検出され,その他分銅形土製品,貝輪,鉄器片,角器などを伴った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報