コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫雲出遺跡 しうでいせき

1件 の用語解説(紫雲出遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しうでいせき【紫雲出遺跡】

香川県三豊郡詫間町大浜の紫雲出山(しうでやま∥しうんでやま)(352m)の山頂にある,弥生時代中期後半の高地性集落遺跡。三崎半島中央部の最高点に位置し,備讃瀬戸から燧(ひうち)灘を一望できる要衝を占める。1947年に発見,55‐57年に発掘され,山頂に広く分布する包含層の一部に小貝塚のあることや,住居跡とおもえる列石遺構を確認した。多量の土器とともに石鏃,石鎗,石錐,石庖丁など豊富な打製石器のほか磨製石斧,凹石(くぼみいし),石錐が検出され,その他分銅形土製品,貝輪,鉄器片,角器などを伴った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

紫雲出遺跡の関連キーワード紫雲山荘内半島紫雲三豊たからだの里さいたふれあいパークみの福田村事件大久保諶之丞三豊鶴吉田石油店

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone