細川たかし(読み)ほそかわ たかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川たかし ほそかわ-たかし

1950- 昭和後期-平成時代の歌手。
昭和25年6月15日生まれ。クラブの歌手として活動中にスカウトされる。昭和50年デビュー曲「心のこり」が大ヒットし,レコード大賞最優秀新人賞。57年「北酒場」,58年「矢切の渡し」と史上初の2年連続でレコード大賞を受賞した。平成7年「望郷じょんから」で2度目のNHK紅白歌合戦でトリをつとめた。北海道出身。真狩高中退。本名は貴志。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

細川 たかし


芸名
細川 たかし

性別
男性

生年月日
1950/06/15

星座
ふたご座

干支
寅年

血液型
A

出身地
北海道

デビュー年
1975

職種
音楽

好きなスポーツ
スキー(公認1級)

趣味・特技
民謡三橋流名取(三橋美智貴)

プロフィール
北海道出身。1975年、シングル『心のこり』でデビュー。演歌歌手として多数の楽曲を発表し、日本レコード大賞、全日本有線放送大賞、日本歌謡大賞などの有名な賞を数多く受賞。NHK『紅白歌合戦』にも多数出演している。代表作に、『北酒場』『矢切の渡し』『浪花節だよ人生は』『望郷じょんがら』『さだめ川』『北緯五十度』『北国へ』など。特技はスキー、民謡三橋流名取、ゴルフ。

デビュー作
シングル『心のこり』

代表作品
シングル『北酒場』(1982) / シングル『矢切の渡し』(1983) / シングル『浪花節だよ人生は』(1984)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細川たかしの関連情報