コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢切 やぎり

大辞林 第三版の解説

やぎり【矢切】

千葉県松戸市の、江戸川沿岸の地区名。伊藤左千夫の「野菊の墓」の舞台の地。対岸の柴又との間に渡しがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢切
やぎり

千葉県北西部、江戸川沿岸に位置する松戸(まつど)市の一地区。明治初期から栽培され始めたネギを中心に近郊野菜生産が盛んである。伊藤左千夫(さちお)の『野菊の墓』の舞台でもあり、下矢切の西蓮寺に文学碑がある。下矢切には対岸の東京都葛飾(かつしか)区柴又(しばまた)と結ぶ矢切の渡しがあり、休日には行楽に利用されている。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

矢切の関連キーワード東京外郭環状道路(外環道)千葉県松戸市下矢切東京都葛飾区柴又東京都葛飾区ひびきわたる千葉県松戸市伊藤左千夫松戸(市)葛飾(区)矢切の渡し石本美由起松戸[市]細川たかし国府台城矢切ねぎ忍び返し矢切の渡野菊の墓流行歌ヨメナ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢切の関連情報