コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川定禅 ほそかわ じょうぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川定禅 ほそかわ-じょうぜん

?-? 南北朝時代の武将。
細川頼貞(よりさだ)の子。細川顕氏(あきうじ)の弟。鎌倉の鶴岡若宮別当。建武(けんむ)2年(1335)中先代(なかせんだい)の乱後,足利尊氏軍に呼応し讃岐(さぬき)で挙兵。比叡(ひえい)山の後醍醐(ごだいご)天皇方を攻める総大将となり京都にはいった。摂津湊川(みなとがわ)の戦いなどにも活躍したが,その後の活動は不明。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

細川定禅

生年:生没年不詳
南北朝時代の武将。頼貞の子,顕氏の弟。六条若宮別当となり卿律師と称す。足利尊氏の招きに応じて讃岐で挙兵し,四国・中国の軍勢を率いて京都に進攻。叡山の後醍醐天皇を攻める総大将となり,園城寺で北畠顕家に敗れたものの,建武2(1335)年1月,新田義貞,脇屋義助の追軍を洛中にてわずか三百余騎でしのぎ「智謀勇力イヅレモ取々ナリシ人傑」(『太平記』)と評される。九州へ敗走する尊氏の命で顕氏らと共に四国平定に当たる。尊氏東上後はこれに従い,湊川の戦などで戦功を挙げる。幕府内で顕氏が,同族の和氏と対等な立場を保ちえたのも「鬼神の様」(『梅松論』)とうたわれた定禅に負うところが大きい。<参考文献>小川信『細川頼之』

(小林保夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

細川定禅の関連キーワード大高坂松王丸高松頼重大森彦七細川頼貞小川信

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android