コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川頼貞 ほそかわ よりさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川頼貞 ほそかわ-よりさだ

?-1335 鎌倉-南北朝時代の武将。
足利直義(ただよし)の臣。建武(けんむ)2年北条時行が幕府の再興をはかって挙兵し,鎌倉を攻めたとき(中先代(なかせんだい)の乱),病をおしてたたかい,同年自害(一説戦死)したといわれる。号は長興寺法名は義阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

細川頼貞の関連キーワード南北朝時代足利直義細川直俊細川皇海細川顕氏細川定禅

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android