コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川染 ほそかわぞめ

1件 の用語解説(細川染の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

細川染【ほそかわぞめ】

和服の模様染の一種。多く浴衣(ゆかた)地にするため細川中形(ちゅうがた)ともいう。注染の工程を2度繰り返し2色染にする。藍(あい)の濃淡に染めることが多い。江戸時代に九州の細川家が諸事に慎重なのにちなみ,2度繰り返すところから名付けられたという。
→関連項目中形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

細川染の関連キーワード江戸小紋茶屋染菖蒲浴衣絵羽模様鈴鹿総模様浴衣地中形浴衣掛浴衣染

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone