コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中形/中型 チュウガタ

4件 の用語解説(中形/中型の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐がた【中形/中型】

形が大きくもなく小さくもないこと。また、そのもの。「―のテーブル」
中ぐらいの大きさの型紙を使った染め模様。また、その模様の浴衣地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中形【ちゅうがた】

和服の染模様の一種。小紋に対し中形の型紙で染めたものであるが,江戸時代木綿地に藍(あい)で染め,おもに浴衣(ゆかた)としたため,模様の大小に関係なく浴衣地の通称となっている。
→関連項目型紙型染染物糊染

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうがた【中形】

中型紙(鯨尺3寸7分~7寸5分)によって染めた柄の名称。おもに夏用の木綿ゆかたに用いられたので,ゆかたの別名ともなった。絵画的な図柄が多く,地染に模様を白く染め抜いたものと,地白に色模様を染め出したものの2種がある。染法は長板(捺染板,約9m)に敷きのり(糊)をして生地をはりつけ,型紙を置いて防染のりをおき,表型付が終わると生地をはがし,長板の反対面に裏返してはり,型紙を裏返して裏型付を行う。型付を終わって乾燥した生地に豆汁(ごじる)(大豆をすりつぶした乳白色の液)を引き,藍瓶(あいがめ)に数回つけて染め上げる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中形
ちゅうがた

中形というのは本来中くらいの柄(がら)ゆきという意味であったが、いつのころからか、図柄の大小にかかわらず、型染めになる木綿(もめん)地の浴衣(ゆかた)を総称するようになった。長い板に生地(きじ)を貼(は)り、端から順次型付けし、改めて生地の裏面にも表の型にあわせて型付けし、藍甕(あいがめ)に浸染して仕上げるのが本来の中形の染技で、長板中形とよんでいる。長板中形はこのように手数がかかるので、明治時代のなかばに大阪で手拭(てぬぐい)染めの手法を浴衣染めに行うようくふうされた。生地を手拭幅に折り畳みながら型付けし、染料を注ぎかけて染める。この手法は長板中形に比して作業が能率的で、今日では細緻(さいち)な特殊なものを除いてほとんどこの手法によっている。長板に生地を貼(は)ってする長板中形に比し、手拭染めの転化したことから手拭中形、あるいは染料を注ぎ染めることから注染(ちゅうせん)ともよんでいる。
 中形染めには以上のほかに、二つの円筒に模様を彫り、円筒の中に糊(のり)を入れ、二つの円筒の間に生地を通して一挙に生地の両面に型付けし、浸染して仕上げる籠(かご)付けの方法がある。模様を彫った円筒を籠になぞらえての呼称である。中形は紺と白にさっぱりと染め上げられたところにその味があるが、地が白く模様部が染められている地白のものと、地を藍(あい)に染め、模様を白抜きに染め出している地染めの浴衣があり、地染めのものは昼間に、地白のものは夜間着用するという。[杉原信彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中形/中型の言及

【江戸時代美術】より

友禅染がそれを代表する。また型染の技術による小紋,中形(ちゆうがた)の意匠が発達した。小紋,中形は染の量産化の情況に即したものだが,型紙を何十枚も使って,見えないぜいたくをこらしたものもなかにはある。…

【染色】より

…さらに,当代の意匠・技術は今日の染織界にも受け継がれ,新しい染織の創造の母体ともなっている。江戸時代の染色で第1に挙げなければならないのは友禅染に代表される文様染であり,第2には小紋中形(ちゆうがた)によって代表される型染の著しい発達である。それらの技術的発展の背後にある要因として,前述のように小袖が広く社会の主要な服装となったことが挙げられる。…

【ゆかた(浴衣)】より

…人前で着るものとして扱われなかったゆかたが,男女ともに外出にも着るようになったのは明治中期以後,上物ができたからである。現在でも女物の紅梅(こうばい),綿絽(めんろ),綿縮(めんちぢみ)などの中形(ちゆうがた)染や長板本染中形(ながいたほんぞめちゆうがた)の高級ゆかたは,八寸名古屋帯をお太鼓に締めて街着とする。家庭用は裾除(すそよけ)をつけて素肌に着,半幅帯を締めるが,街着とする高級ゆかたには半じゅばんを着る。…

※「中形/中型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中形/中型の関連キーワード京間京枡鯨尺色紙並幅江戸枡合判高麗台子木綿幅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone