コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川皇海 ほそかわ こうかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川皇海 ほそかわ-こうかい

?-? 南北朝時代の武将。
細川頼貞の子。権(ごんの)律師,鶴岡八幡若宮の別当。暦応(りゃくおう)2=延元4年(1339)土佐守護となる。土佐の国人(こくじん)をひきいて大高坂城などの南朝軍とたたかい,領国の経営につとめた。号は三位律師,三位房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

細川皇海の関連キーワード南北朝時代細川頼貞

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android