コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細谷源二 ほそや げんじ

1件 の用語解説(細谷源二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細谷源二 ほそや-げんじ

1906-1970 昭和時代の俳人。
明治39年9月2日生まれ。昭和8年口語短歌から俳句に転じ,「句と評論」(のち「広場」と改題)に入会,工場労働者の生活俳句を提唱した。16年新興俳句弾圧事件で検挙される。戦後北海道に移住し,24年「氷原帯」を創刊,主宰した。昭和45年10月10日死去。64歳。東京出身。本名は源太郎。別号に碧葉。句集に「鉄」「塵中」など。
【格言など】鳥泣きながら木のてっぺんの木の旅行(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

細谷源二の関連キーワード室積徂春山口波津女相羽仙夫石塚友二岡田日郎尾崎迷堂車谷弘柴田白葉女富士崎放江村田とう女

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone