コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紹興鏡 しょうこうきょうShao-xing-jing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紹興鏡
しょうこうきょう
Shao-xing-jing

中国浙江省紹興県付近の漢,魏,晋,南北朝の諸墳墓より出土した鏡。これらの鏡のなかには優良な画像鏡が多く,日本の三角縁神獣鏡に近いものも含まれている。後漢末から呉代にかけての紀年鏡は概して鋳造が雑で,紀年その他から南方で製作されたと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

紹興鏡の関連キーワード三角縁神獣鏡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android