コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画像鏡 がぞうきょうHua-xiang-jing

4件 の用語解説(画像鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

画像鏡
がぞうきょう
Hua-xiang-jing

漢式鏡の一種。中国の後漢から六朝時代にかけてつくられた鏡で鏡背の文様が後漢の画像石に類似したものをいう。中国古代の神仙思想を表わす東王父,西王母などの神人像,狩猟,交戦,車馬,音曲歌舞などの風俗図,有名な歴史物語を図示するもの,あるいは仏教の影響を受けた飛天図もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がぞう‐きょう〔グワザウキヤウ〕【画像鏡】

中国の後漢・六朝時代に作られた鏡。鏡背に、伝説などを題材とする画像を鋳出してある。日本でも、これをまねたものが古墳から出土。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

画像鏡【がぞうきょう】

から三国時代にかけて作られた,背面に画像文をもつ金属鏡。画像は神仙説にもとづいた神人,車馬,竜虎,狩猟などを主題とする。日本では5世紀の古墳から出土することが多く,代表的なものに和歌山県隅田八幡宮所蔵のものがある。
→関連項目漢鏡隅田八幡人物画像鏡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

がぞうきょう【画像鏡】

中国で後漢代末から六朝時代にかけて作られた鏡。背面に神仙や伝説、狩猟・騎馬などを題材とする絵画的な文様を有する。これを模倣したものが日本の古墳からも出土、和歌山県の隅田八幡宮所蔵のものが有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の画像鏡の言及

【鏡】より

…このうちには鋳造の年代を示す紀年鏡も含まれている。道家の東王父,西王母の神仙物語や,その時代の風俗を表す画像鏡,平面的な表出の夔鳳(きほう)・獣首の両鏡式,肉を盛った彫塑的な禽獣や竜虎で飾った神獣鏡などが著しい新鏡式である。なかでも夔鳳鏡は古い銅器にある禽形を鏡背文にしたもので,鉄で作った遺品があり,金銀の象嵌で図形の細部を表している。…

【漢鏡】より

…また両型式とも鈕座として盤竜座をもつものがある。画像鏡には東王父,西王母の神人や,車馬,騎馬などの画像が描かれ,後漢の画像石に似ているので画像鏡とよばれている。三角縁と平縁のものがある。…

※「画像鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone