コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組(み)付け クミツケ

1件 の用語解説(組(み)付けの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くみ‐つけ【組(み)付け】

活版印刷で、活字組版または鉛版を、指定の位置および一定のページ順に印刷機の版面台または版胴に固定すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の組(み)付けの言及

【自動組立て】より

…とくに最近の産業ロボットを利用したより柔軟性があり,制御プログラムの更新により設計変更にも対応できるような自動組立ラインも実現し,今後もこの傾向はさらに強くなると考えられる。
[自動組立ての要素]
 自動組立ては組付けと移送と供給の3要素とからなり,さらに全体を統括するものとして制御要素がある。組付けは2個以上の部品を本体部品に装入,結合する機能,移送は本体部品,あるいはそれを取り付けたジグを組立ラインに沿って移動させる機能,供給は部品または材料を貯蔵容器から整列,分離を行って装入待機位置まで送り込む機能である。…

※「組(み)付け」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

組(み)付けの関連キーワード植字タイポグラフィー鉛版解版活版ホットタイプ連字活版刷組版本組

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone