コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組手形 クミテガタ

デジタル大辞泉の解説

くみ‐てがた【組手形】

輸出手形発行に際し、紛失または延着に備えて同一内容・同一効力の手形を2通発行し、発送時期や経路にして送るもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くみてがた【組手形】

紛失や延着を防止するため、発送時期や経路を異にして送付される同一内容・同一効力をもつ二通以上の外国為替かわせ手形。一通が支払われると他は無効となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の組手形の言及

【貿易手形】より

…一般に,この種の為替手形は,外国への郵送中の紛失・遅着・盗難を防ぐとともに流通を円滑にするため,同一内容の手形が数通(通常,正副の2通)振り出される。これを組手形set billといい,それぞれ別便で相手方に送付される。この各通は同等の効力をもつが,正副いずれでも先に呈示したものによって手形上の権利を行使でき,支払人は先に呈示された手形に対してのみ支払人としての義務を負う。…

※「組手形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

組手形の関連キーワード五人組帳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android