紛失(読み)フンシツ

デジタル大辞泉の解説

ふん‐しつ【紛失】

[名](スル)《古くは「ふんじつ」とも》
物がまぎれてなくなること。また、なくすこと。「重要書類が紛失する」「入館証を紛失する」
抜け出して逃げること。
「その島を―して来ればこそ、おれが育った土地へも足踏みならず」〈伎・浮名横櫛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふんしつ【紛失】

( 名 ) スル
〔「ふんじつ」とも〕
他の物にまぎれてなくなること。また、なくすこと。 「身分証明書を-する」
姿を消すこと。逃げだすこと。 「亡者の欠落、地獄の-帰せ帰せ/歌舞伎・独道中五十三駅」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふん‐しつ【紛失】

〘名〙 (古くは「ふんじつ」とも)
① 物がまぎれてなくなること。まぎらし見失うこと。失うこと。
※金比羅宮文書‐天元三年(980)二月二日・某寺資財帳「不修治寺家、有世間不階、悉以寺物令紛失」
※浄瑠璃・狭夜衣鴛鴦剣翅(1739)一「かっせんの其ばにてふんじつせしか取りのこせしか」
② 物忘れすること。忘れて誤ること。
仮名草子・よだれかけ(1665)二「いささかの紛失は、わが年にもゆづり給へといへば」
③ 人が姿を消すこと。失踪。また、ぬけ出して逃げること。脱走。
※園太暦‐観応元年(1350)一二月九日「昨日凶徒入宇治、不在所、紛失境内云々」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紛失の関連情報