コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組織活性化 そしきかっせいか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組織活性化
そしきかっせいか

組織を構成する者が生き生きと働き,目的遂行が効率的に行われている状態をいい,企業の発展に不可欠とされる。活性化には人事だけでは不十分との考え方が有力で,組織問題や厚生政策,文化活動など多方面にわたる活性化の努力が求められる。特に人事面では適材適所の公平な人事政策が必要であり,従業員の労働意欲を阻害するような派閥人事,情実人事は組織活性化にとって障害となる。したがって経営者は常に,組織が沈滞していないか,どうすれば活性化できるかを考える必要がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

組織活性化の関連キーワードTQC

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組織活性化の関連情報