組織適合性抗原(読み)そしきてきごうせいこうげん(英語表記)histocompatibility antigen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

組織適合性抗原
そしきてきごうせいこうげん
histocompatibility antigen

哺乳動物細胞の細胞膜上にある個体特有の膜蛋白質の一群。遺伝的にその個体の性質を規定している。ある個体に別の個体の組織あるいは臓器を移植すると,この膜蛋白質群が一致しない場合には拒否反応が起る。そのためこの蛋白質群を組織適合性抗原と呼び,特にヒトおよびマウスで研究が進んでいる。組織適合性抗原には数十種類あるが,特に作用が強いものを主要組織適合性抗原といい,ヒトでは HLA (ヒト白血球抗原) ,マウスでは H2と呼ばれている。 HLAにはクラスIとクラス IIがあり,それらが数種類のグループに分かれ,さらにそれぞれが多くのタイプに分かれている。 HLAはもともと免疫系で重要な役割をになっており,クラスIは細胞性免疫にクラス IIは液性免疫に深く関与している。臓器移植の場合には HLAの一致度が高いほど成功の確率が高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android