組(み)込みソフトウエア(読み)クミコミソフトウエア

デジタル大辞泉の解説

くみこみ‐ソフトウエア【組(み)込みソフトウエア】

embedded software組み込みシステム上で動作するソフトウエア。パソコンなどで使用するソフトウエアと異なり、CPUの性能やメモリー容量に制約があり、堅牢(けんろう)性や即時性を要求されるものが多い。エンベデッドソフトウエア。エンベッドソフトウエア。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android