コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ES

ビジネス用語集の解説

ES

ESとは、従業員満足度(Employee Satisfactionの略)のことをいいます。

従業員の一人ひとりが、職場内においての環境や職種、責任など、あらゆる方面から、
満足して仕事に携わることができているか、という、経営面での考え方であり、
指標のひとつです。

会社を経営するにあたっては、CS(顧客満足度)とES(従業員満足度)の両面が、
共に均一である事が重要です。
どちらかに満足が得られない場合、何らかの形で支障を来たしてしまいます。
ESがきちんと保たれることにより、従業員はやる気を生み、創造をし、
行動に変化していきます。それこそが、経営を支える要なのです。

このESは表面上で判断をする事は困難です。
そのため、ES調査を行い、そのデータを基準に経営者は改革を検討・実践します。
また、ES調査と併せ、従業員から改善提案を受け、
改革のヒントにする起業も増えつつあるようです。

現在、またはこれから起業する方にとっては、大変重要なポイントとなることでしょう。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

ES

〖employee satisfaction〗
従業員満足。顧客満足の向上のために重要とされる従業員の満足の度合。

Es

〖einsteinium〗
アインスタイニウムの元素記号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ES
いーえす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のESの言及

【イド】より

…精神分析の用語で,超自我自我とともに人格を構成する三つの領域の一つとされ,ドイツ語でエスEsともいう。イドは性衝動(リビドー)と攻撃衝動の貯水池で,完全に無意識であり,遺伝的要素を主としているが,いったん意識化され,のちに抑圧されて再び無意識となった後天的要素も含む。…

※「ES」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ESの関連キーワードES(エンプロイーサティスファクション)ES 胚性幹細胞(ES細胞)論文捏造事件アインスタイニウム(データノート)クロスファイト ビーダマンES細胞とブッシュ政権エントリーシート/ESES細胞と論文捏造問題ヒトES細胞の研究アインスタイニウムノックアウトマウス従業員満足(ES)トーマス オカーマフィロストラトスフィーダー細胞メンデレビウムヒトクローン胚WアルテンベルクOpenES

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ESの関連情報