経口ワクチン(読み)けいこうワクチン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経口ワクチン
けいこうワクチン

内服するワクチン。苦痛が少い,副作用の減少,ワクチン管理の容易さなどの利点がある。代表的なものは,ポリオ (小児麻痺) の生ワクチンである。法律では生後3~18ヵ月に服用することになっている。3種類のポリオウイルスを混合したもので,6週間の間隔をおいて2回服用する。まれに下痢,発熱を起すことはあるが,麻痺のような重い副作用は認められていない。この予防接種だけは直接国家が管理し,一般病医院は取扱わない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経口ワクチンの関連情報