コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営代理制度 けいえいだいりせいど Managing Agency System

1件 の用語解説(経営代理制度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいえいだいりせいど【経営代理制度 Managing Agency System】

インド,マラヤなどイギリス植民地において独特な企業経営システムとして発展した制度。この制度の下では,企業家は会社を発起し出資するにとどまらず,さらに進んで,この会社との間で,いわゆる経営の代理契約を結ぶ。そして経営代理人という資格でこの会社の経営いっさいをとりしきり,代価として手数料を徴収する。契約では,ふつう代理期間が長期に定められ,手数料も高率の出来高手数料として契約される。企業家は代理契約という便法を講じることにより,会社経営権の半世襲化と手数料名目での会社利益の吸収とを,同時に保証されるのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

経営代理制度の関連キーワードイギリス東インド会社イギリス連邦ケープ植民地イギリスビルマ戦争ヒマラヤンフレンチインディアン戦争マラヤ連邦イギリス巻コロニアルスタイルマラヤ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone