経済学批判(読み)けいざいがくひはん(英語表記)Zur Kritik der Politischen Ökonomie

日本大百科全書(ニッポニカ)「経済学批判」の解説

経済学批判
けいざいがくひはん
Zur Kritik der Politischen Ökonomie

マルクス著。1859年刊。独自の経済理論体系について執筆した、膨大な草稿『経済学批判要綱』(1857~58)に基づいて、その第1分冊として出版された。このなかでは、商品と貨幣が検討されており、商品の二面性、労働の二重性、貨幣の本質や諸機能などが明らかにされ、価値や貨幣に関する諸理論の検討が行われている。その後、第2分冊以降に予定されていた「資本」に関する章の出版計画は変更され、『経済学批判』の内容も含めて、『資本論』へと再構成されることになった。この『経済学批判』につけられた「序言」では、経済学のプランが示され、さらにマルクスの経済学研究の歩みと、「導きの糸」としての唯物史観の簡潔な説明が行われていて有名である。

[重田澄男]

『武田隆夫・遠藤湘吉・大内力・加藤俊彦訳『経済学批判』(岩波文庫)』『杉本俊郎訳『経済学批判』(大月書店・国民文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android