草稿(読み)そうこう

精選版 日本国語大辞典「草稿」の解説

そう‐こう サウカウ【草稿】

〘名〙 文章下書きをすること。また、その下書。草案原稿
朝野群載(1116)一・日観集序〈大江維時〉「草稾滋生。塵埃空積」
小公子(1890‐92)〈若松賤子訳〉八「一旦草稿(サウカウ)したのをお祖父様のに持って来て、添削を請ひました」 〔史記‐屈原伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android