草稿(読み)そうこう

精選版 日本国語大辞典「草稿」の解説

そう‐こう サウカウ【草稿】

〘名〙 文章の下書きをすること。また、その下書。草案原稿
朝野群載(1116)一・日観集序〈大江維時〉「草稾滋生。塵埃空積」
小公子(1890‐92)〈若松賤子訳〉八「一旦草稿(サウカウ)したのをお祖父様の処に持って来て、添削を請ひました」 〔史記‐屈原伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「草稿」の解説

そう‐こう〔サウカウ〕【草稿】

文章の下書き。原稿。
[類語]原稿下書き草案文案稿歌稿下図画稿

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android