経済学提要(読み)けいざいがくていよう(英語表記)Manuale d'economia politica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済学提要
けいざいがくていよう
Manuale d'economia politica

イタリアの経済学者ウィルフレド・パレートの主著。レオン・ワルラスの著作とともに一般均衡理論の古典。1906年刊。1909年刊行のフランス語版は,本文は A.ボネによるイタリア語版からの翻訳をパレートが校正したものであり,付録はパレートによるイタリア語版の改訂である。ワルラスの一般均衡理論を展開し,特に消費者理論と厚生経済学において重要な貢献がある。消費者理論においては,効用関数の可測性,基数性および個人間の効用比較を排除し,無差別曲線と序数的効用関数に基づいて消費者均衡を特徴づけ,スルツキー方程式の粗代替項を導出した。生産者理論において限界生産力説の展開に貢献したが,完全分配定理には否定的であった。最大の貢献は無差別曲線に基づいてパレート最適を定義し,厚生経済学の基本定理を示唆したことにある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android