効用関数(読み)こうようかんすう(英語表記)utility function

世界大百科事典 第2版の解説

こうようかんすう【効用関数 utility function】

物,エネルギー,情報,サービスなどの効用数値におきかえる関数をいう。幾つかの対象について,その価値,良さ,重要さ,好みなどを比較している状況を考える。対象xが対象yと同等以上と考えるとき,xをyより選好するといい,x≿yと表す。可能なすべての二つの対象のについて選好を定めたものを選好関係という。 任意の三つの対象x,y,zについて,x≿yかつy≿zならば,x≿zであるとき,その選好関係は推移律を満たすという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の効用関数の言及

【無差別曲線】より

…この好ましさの基準を選好順序という。消費者のもつ選好順序は,それがある性質を満たせば,効用関数あるいは無差別曲線として表現される。効用関数とは,ある財の組合せから得られる効用の水準を表すものであり,無差別曲線とは,その曲線上のどの2点も互いに差別がないような曲線であり,同一の効用水準をもたらす点の集合である。…

※「効用関数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android