経済特科(読み)けいざいとっか(英語表記)Jing-ji-te-ke; Ching-chi-t`ê-k`o

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「経済特科」の解説

経済特科
けいざいとっか
Jing-ji-te-ke; Ching-chi-t`ê-k`o

中国,清末の官吏登用法。清末になると科挙制度,特に八股文による儒教の経典中心の試験制度の弊害が叫ばれた。光緒 24 (1898) 年,時事に通じた有能な人材を登用するため,正規の科挙とは別に経済特科を開くことになった。戊戌 (ぼじゅつ) の変法が行われるとその実施が準備されたが,政変により新政が挫折すると廃止された。しかし義和団事変後,光緒新政期にいたると再びその意義が認められ,同 31年に実施されたが,科挙制の廃止に伴って終りを告げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android