経産婦(読み)けいさんぷ

精選版 日本国語大辞典「経産婦」の解説

けいさん‐ぷ【経産婦】

〘名〙 出産経験のある女性
※育児読本(1931)〈田村均〉八「分娩後母乳の分泌は経産婦(ケイサンプ)では産後二三日で十分になりますが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「経産婦」の解説

経産婦
けいさんぷ
multipara

出産の経験がある妊婦をいう。初産婦と比較して,通常分娩時間が短く,出産は軽い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「経産婦」の解説

けいさん‐ぷ【経産婦】

すでに出産を経験している女性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の経産婦の言及

【出産】より

…異常分娩とは上記の条件を満たさない場合である。
[その他の分け方]
 初めて出産する女性を初産婦,以前に出産したことのある女性を経産婦という。前回の出産が妊娠24週未満の場合は初産婦として取り扱う。…

【妊娠】より

…【石居 進】
【ヒトの妊娠】
 ヒトの妊娠も受精卵の着床によって始まり,胎芽embryoから胎児fetusとなって胎外生活が可能となるまで発育する現象をいい,出産によって終わる生理的現象をさす。妊娠している婦人を妊婦といい,はじめて妊娠した人を初妊婦,2度目以後の妊娠をしている人を経妊婦,妊娠第24週以上での分娩をはじめて経験する人を初産婦,2度目以後の分娩を経験する人を経産婦という。
[妊娠持続日数]
 妊娠持続日数を正確に知ることは困難であることが多いので,臨床上は最終月経の第1日から分娩に至る日数を妊娠持続日数と規定している。…

※「経産婦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android