結晶化度(読み)ケツショウカド

化学辞典 第2版「結晶化度」の解説

結晶化度
ケツショウカド
degree of crystallinity

結晶物質における結晶部分全体に対する割合をいう.結晶化度を求める場合,重量分率をもとにした重量分率結晶化度と,体積をもとにした体積分率結晶化度とがある.結晶化度の測定法には,
(1)結晶部分と非晶部分の両密度から求める方法(密度法),
(2)融解熱の測定による方法,
(3)X線回折像の強度分布を,非晶部分による回折と結晶部分による回折に分離して求める方法(X線法),
(4)赤外吸収スペクトルの結晶性バンドの強度から求める方法(赤外線法),
などがある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

栄養・生化学辞典「結晶化度」の解説

結晶化度

 結晶性ポリマーなどが部分的に結晶化しているとき,全体に対するその部分の割合.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉「結晶化度」の解説

けっしょうか‐ど〔ケツシヤウクワ‐〕【結晶化度】

結晶度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android