コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結晶度 ケッショウド

デジタル大辞泉の解説

けっしょう‐ど〔ケツシヤウ‐〕【結晶度】

火成岩中の結晶ガラスの割合。結晶作用の完全・不完全の程度を表し、ガラス質半晶質完晶質に区分。
結晶部分と非結晶部分からなる高分子化合物における、結晶部分が全体に占める重量比。一般的に結晶度が高いと融点が上がり、硬さと剛性が増し、もろくなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

結晶度

火成岩における結晶作用の程度を意味し,岩石の中の結晶とガラス質の量の割合を表わしている.このような結晶度によって岩石を完晶質,半晶質,完全ガラス質,顕晶質,非顕晶質,微晶質,隠微晶質などに区分する.この結晶度という意味はあいまいで,単にガラスの量の多少ばかりではなく,結晶粒の大きさにも関係する表現である.厳密な結晶度の測定方法はなく肉眼による感覚的なもので決めるが,岩石の鑑定には有効な表現である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

結晶度の関連キーワードボーエン(Elizabeth Dorothea Cole Bowen)芋子石(データノート)フェリハイドライト流理構造[火成岩]クリプトメレン鉱ピッチブレンドアンキ変成作用粘土質炭酸鉄鉱シャンドの分類ブタジエンゴムイライト結晶度軟マンガン鉱ポリノジックフッ素燐灰石ダブリン市民バーネス鉱水酸燐灰石高師小僧オパール粘土鉱物

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android