結節点(読み)ケッセツテン

  • node

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲線の重複点の一つで,曲線が自分自身と交わっている点をいう。代数曲線を f(xy)=0 とする。この曲線上のある点 P の小さい近傍を考え,P を原点とする適当な座標軸をとったとき,この曲線が2つの枝となって P を通っているならば,P をこの曲線の結節点という。たとえば曲線 y2x2(xp)=0 において,p>0 とすると,原点 (0,0) の近傍では xp>0 だから,この曲線は,(0,0) の近傍では2つの枝になってこの原点 (0,0) を通っている。ゆえに,原点 (0,0) は,f(xy)=0 の結節点である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 つなぎ合わされた部分。つなぎめ。むすびめ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

結節点の関連情報