コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統万城 とうまんじょうTŏng wàn chéng

1件 の用語解説(統万城の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とうまんじょう【統万城 Tŏng wàn chéng】

中国,夏の赫連勃勃(かくれんぼつぼつ)が413年(鳳翔1)ころ築いた都城。叱干阿利を将作大匠に任じ,胡・漢の民衆10万人を動員して営んだもので,〈天下を統一し,万邦に君臨する〉という趣旨から〈統万城〉と名づけた。土を蒸して築き,錐で突いて1寸以上入ると,作った者を殺して築き固めたという。その遺構は今日流沙に埋れて残っており(陝西省靖辺県,無定河北岸),その内城は東西608.9m,南北527.1mあり,土壁の白さから俗に白城子とよばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の統万城の言及

【夏】より

…国号の由来は匈奴が禹の後裔であるという伝説にもとづく。赫連勃勃は無定河上流に統万城を営んだが,土を蒸して堅牢に築きあげたもので,遺跡の一部は今日残存している。赫連勃勃は東晋から長安を奪って一時関中を支配した。…

※「統万城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone