赫連勃勃(読み)かくれんぼつぼつ(英語表記)He-lian Bo-bo; Ho-lien Po-po

  • 赫連勃勃 Hè lián Bó bó

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]?
[没]真興7(425)
中国,五胡十六国大夏建国者。南匈奴単于 (ぜんう) の子孫。字は屈孑 (くつけつ) 。初め後秦の保護を受けていたが,後にそむいて独立し (407) ,天王大単于となり,国を大と称した。のちを赫連に改めた。鳳翔5 (417) 年東晋の劉裕 (のちの武帝) が後秦を滅ぼしたが,勃勃はその留守軍を襲って長安を奪い,あらためて皇帝についた (418) 。勃勃は性格が残忍で,人民はその非道な政治に苦しんだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

?‐425
中国,(五胡十六国)の創立者。南匈奴単于(ぜんう)の流れをくむが,鮮卑の血も混じるらしい。部族名は鉄弗。代々劉氏を称してオルドス地方の諸部族を統率,父の衛辰は後秦に仕え,北魏に敗れて殺された。勃勃は407年後秦より独立して大夏国を建設,天王・大単于と号した。418年関中を平定して皇帝を称した。姓を赫連(天に連なる)に改めるなど権威の確立を図り,天下一統を志した英傑で,姚興(ようこう)や劉裕にも畏敬されたが,一面残忍な君主でもあった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

中国、五胡十六国の夏の世祖。匈奴の右賢王去卑の子孫。四〇七年、後秦から独立して天王大単于(ぜんう)と称しオルドス地方に建国。のち、晉から長安を奪って南都を置き、北魏と対立した。四二五年没。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の赫連勃勃の言及

【オルドス】より

…漢代には匈奴,隋代には突厥(とつくつ)など強力な民族がここを占拠すると,国都(長安)が危険にさらされるので,その撃退に非常な努力を払ったものである。漢民族の勢力が弱かったとき,五胡十六国時代には匈奴系の赫連勃勃(かくれんぼつぼつ)がここに夏国を立て,宋代にはチベット系のタングート(党項)族が建てた西夏国の領土の一部となった。明代にはモンゴル族が優勢であったが,清代には政府の懐柔策が成功して平和が続き,これに乗じて東部では漢民族が進出して牧地の耕地化が行われた。…

【夏】より

…407‐431年。赫連勃勃(かくれんぼつぼつ)が後秦から独立して建てた匈奴系の国家で,陝西北部および内モンゴルのオルドス地方を領有した。国号の由来は匈奴が禹の後裔であるという伝説にもとづく。…

※「赫連勃勃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android