コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流沙 りゅうさ Liū shā

1件 の用語解説(流沙の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうさ【流沙 Liū shā】

中国,西北地区の沙(砂)漠地帯をさす。《書経》禹貢篇に〈弱水を導きて合黎に至り,余波,流沙に入る〉とあるが,この流沙は《水経》によれば,張掖(ちようえき)郡の居延県の北東にあたるといい,今日の居延海付近の砂漠をさした。また新疆ウイグル(維吾爾)自治区のロブ・ノール以東,甘粛省の玉門関に至る間の砂漠地帯をもさす。タリム(塔里木)盆地の南,崑崙山脈の北麓を通ってパミールを越えて行くシルクロード一つとして古くより交通の要衝地帯であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

流沙の関連キーワードグード図法牡丹江腕をさする紅をさす西北長白山星を指す水をさす蘭州臨港地区

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流沙の関連情報