コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統合ソフト とうごうそふと

4件 の用語解説(統合ソフトの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

統合ソフト

ワープロソフト表計算ソフトグラフィックスソフトなどの機能が1つに統合されたソフトウェアのこと。機能がシンプルで、ソフトウェア全体の容量が小さく、値段も手頃などの特長がある。代表的な統合ソフトに、マイクロソフトMicrosoft Works、アップルAppleWorksなどがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

統合ソフト

ワープロ、表計算、データベースなど、複数のソフトの機能を1本にまとめたソフトのことです。ひとつのソフト上でいろいろな機能が使える点が、複数のソフトがセットになった「オフィス」と違います。個別の機能が専用のソフトに劣ることもありますが価格は安めです。ビジネス以外でも、用途別のいろいろな機能がひとつにまとまったソフトなら「統合ソフト」です。オーサリング・ソフトの多くも統合ソフトに近いと考えられます。
⇨オーサリング、オフィス、
データベース・ソフト、表計算ソフト

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうごう‐ソフト〔トウガフ‐〕【統合ソフト】

integrated software》ワープロ、グラフィック、表計算、データベースなど、複数の機能をひとつにまとめたソフトウエア。個々に独立したアプリケーションソフトをひとつにパッケージしたオフィスソフトとは異なる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうごうソフト【統合ソフト】

ワープロ・スプレッド-シート・データベースなど異なった機能をもったプログラムを一つにまとめたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

統合ソフトの関連キーワードインハウスデータベース関係データベースデータベースサービスデータベースソフトファクトデータベース分散データベースリレーショナル・データベースデータベース・ソフト

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

統合ソフトの関連情報