コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人口推計

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人口推計

出生率、死亡率、海外への移動などの見通しをもとに将来人口を推計する。毎年公表される合計特殊出生率が、各年齢の女性の出生率を足し合わせたその年の「実績値」であるのに対し、人口推計に使われる出生率はこれまでの傾向から統計的に導き出した見通しで、国勢調査に合わせて5年ごとに見直される。高く見積もる高位、基準となる中位、低めの低位の三つの推計を出す。公的年金、医療、介護給付費の見通し、学級編成など、さまざまな分野で政策立案の基礎データとして使われる。

(2006-12-21 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人口推計
じんこうすいけい
population estimates

5年ごとの国勢調査による人口を基に、その後の出生・死亡数や出入国数の変化を加味して最新人口を求めること。統計法に基づき、総務省統計局が、人口動態統計の出生児数・死亡者数、出入国管理統計の出入国数、日本国籍取得者数、都道府県転出入者数、在留外国人統計などを参考に算出する。毎月1日時点の数値を発表しており、毎年10月1日時点の推計値については、総人口を全国、年齢別、男女別、都道府県別などに分けて発表している。毎年10月1日時点の人口推計は1921年(大正10)から、毎月1日時点の人口推計は1950年(昭和25)からそれぞれ行われている。推計値と5年後の国勢調査による人口は一致しないため、国勢調査の結果が出るたびに、過去5年間の推計値を修正した補間補正人口も発表になる。人口推計による最新推計値は、国や地方自治体の社会保障政策や都市計画づくり、中央省庁の白書、各種統計、国際機関の資料などに活用されている。総務省は人口推計の発表時などに、新成人の人口、干支(えと)(十二支)別の人口、子供の人口、高齢者の数などもトピックスとして発表している。
 政府のおもな人口統計には、このほかに総務省が住民票を基に人口動態を毎年調べる「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」などがある。人口推計には日本に定住している外国人を含むほか、転出入者が反映されており、実態からの乖離(かいり)が小さいとされる。一方、住民基本台帳に基づく調査は、住民登録をした非居住者を含み、住民登録をしていない居住者を含まないため、実際に住んでいる人口を正確に表してはいない。人口の長期予測値としては、国立社会保障・人口問題研究所がほぼ50年後までの人口を予測する「将来推計人口」がある。ほぼ5年ごとに発表しており、将来の出生・死亡推移に中位、高位、低位の3仮定を設け、それぞれを組み合わせて9通りの推計を公表している。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の人口推計の言及

【将来人口】より

…将来人口がどのように変化していくかを知ることは,中央政府や地方公共団体にとってのみならず,民間企業にとってもその将来計画策定のための最も重要な基本条件である。このような将来人口を測定することを将来人口推計という。人口推計には,このような将来人口のみでなく,人口調査以前の人口や人口調査後の人口を推計する場合がある。…

【人口調査】より

… 日本の近年の国勢調査では常住人口調査となっており,〈常住している者〉とは,当該住居に3ヵ月以上にわたって住んでいるか,あるいは3ヵ月以上にわたって住むことになっている者,と定義されている。なお国勢調査時点以外の人口については,国勢調査人口を基礎に自然増加,社会増加などにより毎月1日現在の総人口,日本人人口を推計する〈人口推計〉が行われている。また住民票の転入前住所による国内人口の地域移動状況の調査として〈住民基本台帳人口移動〉があり,これを利用すればごく近い時期の市町村の各月ごとの人口を知ることができる。…

※「人口推計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

人口推計の関連キーワード人口爆発から人口高齢化へRESAS(リーサス)アメリカ独立宣言社会保障審議会消滅可能性都市地域医療構想高齢化社会チョルティ介護食品人口静態人口密度統計調査ヤンブー

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人口推計の関連情報