絵画史料(読み)かいがしりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歴史史料として正しく位置づけたときの絵図絵巻物をいう。 1980年代初めから絵画史料の読解に努め,『姿としぐさの中世史』 (1986年) を著わした黒田日出男によれば,壁画,頂相,山水画,絵地図,写真などの画像史料 (アナログ史料) と,絵巻物,まんが劇画,広告などの画像・文字史料 (アナログ・デジタル史料) が含まれる。従来,美術史の分野で,主としてどのように描かれているかが問題にされた絵画を,歴史の研究の素材として,単なる画証史料としてではなく,そこに何が描かれ,それが意味するものは何かを問うことによって,今までの歴史学が見落としてきたビジュアルな事実を発掘し,文献史料と同じように分析・読解していこうとするもの。五味文彦の『中世ことばと絵』 (90年) はその成果の一つ。絵画史料を読解する方法はまだ確立されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絵画史料の関連情報