コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劇画 げきが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劇画
げきが

漫画のうち,単なるおかしみでなく,現実的なドラマの展開を強調するものをいうが,定義はまだ曖昧。 1955年頃,大阪の貸本漫画の主力画家であった松本正彦と辰巳ヨシヒロたちが,既存の漫画と区別するため自作の漫画を駒画,劇画と称していた。また劇画という名称が漫画紙上に登場したのは,58年に大阪で発行された貸本用漫画短編集『影』 16号が最初とされる。笑いよりもドラマを中心とした描法で,辰巳らが同人となって 59年にスタートした「劇画工房」の劇画宣言にあるように,「子供から大人になる過渡期の娯楽読物」を目指した。白土三平の『忍者武芸帳』 (1959~62,17巻) ,劇画雑誌と銘打った『ガロ』 (64) の創刊,さらに水木しげる,つげ義春らの登場によって劇画の名は一般化した。さいとう・たかを,水島新司佐藤まさあきなど,劇画家として出発した漫画家は多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げき‐が〔‐グワ〕【劇画】

漫画の一形式。ストーリーをもった漫画のうち、描線が動的で、画面の遠近のとり方や背景の描き方などが写実的なもの。筋立てのおもしろさ・現実性を主眼とする。
[補説]漫画家の辰巳ヨシヒロが、自らの作品を「劇画」と名づけたのが始まり。
紙芝居

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

劇画【げきが】

漫画

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げきが【劇画】

辰巳ヨシヒロの命名による新様式の絵物語。1959年辰巳ヨシヒロ,さいとう・たかをらを中心とする〈劇画工房〉の宣言にはじまる。社会生活の苦しい面,むごい面をえがく長編絵物語は,もはや漫画というたのしい絵物語とちがうため,新しい名前を必要とした。 劇画と新しい名で呼ばれた様式はもっと前からあった。1929年の世界恐慌のあおりをうけた日本で,失職者が紙芝居をおこした。それはやがて戦争時代に国策にしたがうようにかいならされたが,45年の敗戦後に子どもたちのおもな娯楽として第2の黄金時代をむかえた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げきが【劇画】

漫画の一種。筋を重視し、画風・ストーリーともに現実味を志向した比較的長編のもの。
紙芝居。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の劇画の言及

【貸本屋】より

… 戦後の貸本屋の特徴は新刊書籍・雑誌,とくにマンガと大衆読物を主体にして読者にアピールした点にある。とくにマンガ―劇画と貸本屋の関係は不可分であった。劇画という名称も〈貸本マンガ〉から生まれたもので,《影》《忍者武芸帳》などに代表される〈貸本マンガ〉は当時貸本屋向けに小出版社が3000部程度出すにすぎなかったが,この間に貸本屋は多くのマンガ家と読者を育て,60年代後半以降のマンガ時代の基礎をつくった。…

【紙芝居】より

…印刷紙芝居は小学校,幼稚園などで利用されるので残った。紙芝居を作っていた画家の中には劇画,ストーリー漫画に転じた者があって紙芝居作りの技術は劇画に伝わった。【加太 こうじ】。…

※「劇画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

劇画の関連キーワード混血児リカ ひとりゆくさすらい旅混血児リカ ハマぐれ子守唄不良少女伝 混血児リカライナー チムニクさいとう たかを漫画家残酷物語佐藤 まさあきさいとうたかをサード・ガール横山 まさみちバンドデシネ水木 しげる高橋留美子不条理日記神保 史郎混血児リカ川崎のぼる山根 成之ゴルゴ13小島 剛夕

劇画の関連情報