コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対知 ゼッタイチ

デジタル大辞泉の解説

ぜったい‐ち【絶対知】

《〈ドイツ〉absolutes Wissenシェリングやヘーゲルにおいて、知識の最高段階としての哲学的知識をさす用語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜったいち【絶対知】

ドイツ観念論において、主観と客観とが一致する知識の最高の段階としての哲学知をさす語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の絶対知の言及

【知識】より

…すでにプラトンが,間接的な識別知としての〈ディアノイアdianoia〉の上位に,問答法ないし弁証法によって到達されるべき一種の直覚知を置き,それ以来,感覚的臆見,間接的識別知,直覚知という三分法は,西欧の思考の歴史において広く行われてきた。フィヒテの〈知識学〉やヘーゲルの〈絶対知〉にいう知ないし知識は,この伝統をふまえて,識別知と識別以前ないし識別を超えた直覚知にいわばあいわたる微妙な位置を占めている。この高次の知は,たとえばベルグソンになると,動物の本能にも比せられる〈直観〉として,直覚的性格をふたたびあらわにするが,それが近代実証科学の目覚ましい成果に幻惑され,識別的知識と安易に短絡されると,人間をかつての神に代わって自然を支配すべきものの位置におく悪しき意味での人間中心主義ないし主体主義の哲学を生むことになる。…

※「絶対知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

絶対知の関連キーワードドイツ観念論精神現象学無分別智脱構築知識学現象学客観疎外主観

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android