絶巌運奇(読み)ぜつがん うんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

絶巌運奇 ぜつがん-うんき

?-? 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。加賀(石川県)伝灯寺の恭翁(きょうおう)運良の法をつぐ。越中(富山県)長慶寺の開山(かいさん)となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android