絶巌運奇(読み)ぜつがん うんき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

絶巌運奇 ぜつがん-うんき

?-? 南北朝時代の僧。
臨済(りんざい)宗。加賀(石川県)伝灯寺の恭翁(きょうおう)運良の法をつぐ。越中(富山県)長慶寺の開山(かいさん)となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android