コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絹織物の町アマラプラ きぬおりもののまちアマラプラ

1件 の用語解説(絹織物の町アマラプラの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

きぬおりもののまちアマラプラ【絹織物の町アマラプラ】

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーから南に10kmほど、エーヤワディー川イラワジ川)とタウンタマン湖に囲まれた町。ここは絹織物の町として古くから知られてきた。約4万台ものシャム(タイ)式の織機があるといわれる町を歩くと、いたるところで絹を織る光景を見かけることができる。ミャンマーは絹の輸入国だが、ここで生産される絹織物は、ミャンマーの外貨獲得に一役買っているといわれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絹織物の町アマラプラの関連キーワードパガンピンマナマンダレーミャンマーОшミャンマーの反政府デモミャンマーのサイクロン被害ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone