綱島温泉(読み)ツナシマオンセン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綱島温泉
つなしまおんせん

横浜市港北区にある温泉。鶴見(つるみ)川左岸の丘陵脚に湧出(ゆうしゅつ)する。大正初期、農業用水を得るために掘った井戸から発見。泉質は炭酸水素塩泉。加熱して浴用に供する。この湯に浸ると肌が滑らかになり、美容温泉ともいわれる。1926年(大正15)に東京急行電鉄東横線が開通し、東京―横浜間の好位置に恵まれて急速に発展。大衆保養娯楽施設や、付近に梅の美しい綱島公園もある。綱島駅下車。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android