綱島温泉(読み)つなしまおんせん

日本大百科全書(ニッポニカ)「綱島温泉」の解説

綱島温泉
つなしまおんせん

横浜市港北区にある温泉。鶴見川(つるみがわ)左岸の丘陵脚部に湧出(ゆうしゅつ)する。大正初期、農業用水を得るために掘った井戸から発見。泉質炭酸水素塩泉。加熱して浴用に供する。この湯に浸ると肌が滑らかになり、美容温泉ともいわれる。1926年(大正15)に東京横浜電鉄(現、東急電鉄東横線)が開通し、東京―横浜間の好位置に恵まれて急速に発展する。大衆保養娯楽施設や、付近に梅の美しい綱島公園もある。綱島駅下車。

[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「綱島温泉」の解説

つなしま‐おんせん ‥ヲンセン【綱島温泉】

神奈川県横浜市港北区にある鉱泉。大正初年に開発され、加熱して浴用に供される。泉質は重曹泉

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綱島温泉」の解説

つなしま‐おんせん〔‐ヲンセン〕【綱島温泉】

神奈川県横浜市港北区にある鉱泉。泉質は炭酸水素塩泉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android