コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴見川 つるみがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴見川
つるみがわ

神奈川県東部を流れる川。全長 43km。多摩丘陵の東京都南部に発し,横浜市鶴見区で東京湾に注ぐ。下流部は特に流路の屈折が激しく,水害の危険が大きい。上・中流域の丘陵地では宅地開発が急速に進行。下流のデルタ埋立て地は重化学工業地域で,京浜工業地帯の核心部を形成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つるみがわ【鶴見川】

関東地方南部の多摩丘陵から流出して,南東流し東京湾に注ぐ川。幹川流路延長43km,全流域面積235km2。水源は東京都南端部,町田市上小山田付近にあり,南東流して神奈川県に入り,横浜市緑区港北区鶴見区内を流れ,京浜運河を横切って東京湾に入る。この間,緑区で西から恩田川が流入し,港北区で北から早淵川,鶴見区で同じく北から矢上川を合わせる。小河川ではあるが,河底が浅いため古くから洪水をおこすことが多く,1958年9月の台風による被害は特に大きかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕鶴見川(つるみがわ)


東京都南部から神奈川県東部を流れる川。東京都町田(まちだ)市北部の多摩(たま)丘陵に源を発し、南東流して横浜市鶴見区で東京湾に注ぐ。1級河川(鶴見川水系)。延長43km。流域面積235km2。下流部は大きく蛇行し、洪水が頻発。河口両岸の埋め立て地は京浜工業地帯の中枢部をなす。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鶴見川の言及

【多摩丘陵】より

…近年,首都圏の一画を占めるため都市化の波が急速に押し寄せ,京王帝都相模原線,小田急多摩線,東急田園都市線など鉄道の新線建設,道路の整備とともに大規模な宅地造成が盛んに行われ,かつては林地や畑地であった斜面が雛壇状の住宅地に改変されている。このため,これらの沿線の地域を上流部にもつ鶴見川では,降雨時の流量が大きくなるなど,都市化に伴う新たな水害が頻発し,その対策に追われている。また多摩丘陵北部の八王子,町田,多摩,稲城の諸市にまたがる地域では,1960年代から多摩ニュータウンの建設がすすめられた。…

※「鶴見川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鶴見川の関連キーワード神奈川県横浜市鶴見区神奈川県横浜市都筑区高ヶ坂石器時代遺跡鶴見川花火大会鶴見(横浜市)日産スタジアム吾妻山遺跡群綱島[温泉]横浜(市)川崎[区]鶴見[区]横浜港小机城川ガキ生麦綱島鶴川幸区

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶴見川の関連情報