重曹泉(読み)じゅうそうせん(英語表記)sodium bicarbonated spring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重曹泉
じゅうそうせん
sodium bicarbonated spring

鉱泉一種で,アルカリ泉ともいう。水 1kg中に溶存物質として,炭酸水素ナトリウム (重曹) を 340mg以上含有しているもの。水中では加水分解して,弱アルカリ性を示す。硫化水素などの酸性泉に比べて,無色無臭で,肌になめらかな感じがするのが特徴。土湯 (福島県) ,磯部 (群馬県) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重曹泉
じゅうそうせん

炭酸水素塩泉の、1978年(昭和53)の鉱泉分析法の改定以前の呼称。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android