網地草(読み)アミジグサ

デジタル大辞泉の解説

あみじ‐ぐさ〔あみヂ‐〕【網地草】

アミジグサ科の褐藻。海岸の岩などに付着し、長さ5~30センチ。扁平で多数の枝に分かれ、表面は黄褐色で、網目模様がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あみじぐさ【網地草】

褐藻類アミジグサ目の海藻。各地の海岸に普通に見られる。全長5~30センチメートルの細いリボン状で、規則的に二またに分枝している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android