コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

網状球顆 もうじょうきゅうかreticular spherulite

岩石学辞典の解説

網状球顆

放射状と同心円状とが組み合った構造の球顆.柱状針状の結晶が様々な方向に配列し全体として網のような集合体を作る場合に網状(reticulated)という[Lasaulx : 1875].ラテン語reteは網の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

網状球顆の関連キーワード放射状

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android