網膜とは(読み)もうまくとは

  • (眼の病気)

六訂版 家庭医学大全科の解説

 病気の話の前に、網膜について簡単に説明しておきましょう。

 網膜は眼球壁の最も内側にある厚さ約0.2㎜の透明な膜組織です(図34)。網膜は光(視覚刺激)を感じ取り、それを視覚情報に変換するという重要な役割をもっています。視覚情報が視神経から脳へと伝えられて初めて、私たちは物が見えるのです。

 網膜は眼底検査で観察することができます(図35)。網膜には動静脈血管が走っています。脳動脈の枝である網膜中心動脈が視神経から網膜に入って網膜動脈となり、静脈は中心静脈に集まって視神経から眼の外に出ていきます(図36)。

河野眞一郎


出典 法研「六訂版 家庭医学大全科」六訂版 家庭医学大全科について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android